どこでも同じなの?日本の東洋医学は多流・玉石混交になっている

ある日、近所のカフェで隣に陣取っていた若者二人。一方がもう片方に、しきりに鍼灸治療の受診を勧めていました。気にしていなかったのですが、声が大きくて内容が聞こえてきたのです。

いわく、良薬口に苦しなどの格言を引用しながら「鍼は痛いほど効くんだ」と説得を試みている様子を聞いていると、どうやら鍼灸院でそのように説明されて、相当痛い治療をされたようです。

可哀想になってきました。彼がかなり乱暴な治療師に巡りあっていたことに気づいていないまま、東洋医学を完全に勘違いして苦行のような治療をしているからです。

鍼灸治療は言わずと知れた、東洋医学のひとつの実践です。日本の伝統医療は漢方薬を主に用いる内科と鍼灸を用いる外科とに分けられています。漢方薬の方が鍼灸治療より多少有名でしょうか。

鍼灸と漢方薬とをどのように使い分けるのかというと、そこには明確な区別はありませんが、一般的には鍼灸は症状を元に治療をし、漢方は体質を元に治療するといった傾向があるようです。

で、その鍼灸治療に焦点を当ててみると、日本の鍼灸治療は多種の考え方をする治療師がさまざまに開業しているといえます。知り合いの鍼灸師に尋ねたとき、怖くて知らない鍼灸師に頼めないと言っていた程です。

治療の狙いそのものから違っているのです。肩こりやストレスによる不調が主な治療対象になっていますが、伝統的には症状の改善が鍼灸治療のゴールではありません。

身体を巡る気と血が滞りなければ、不調は感じないはずです。不調が出るのはどこかで気血が滞っているか、巡らせる力がなくなっていることが原因になっています。

専門家は滞りを起こさせる原因を「湿」と、また巡らせる力の不足を「虚」と呼んで説明することが多いようですが、湿はどこで滞っているのかが問題であり、虚はさらに原因を追求する必要があるという判断になるはずです。

症状の消失だけが問題ではなく、その症状の発生原因を突き止める診断が伝統技術的に極めて大きな要素として扱われています。そして狙いすまして一本の鍼を当てるのが伝統技術というものなのです。

しかし、中医学の強い影響のもと、現代医学と提携して進歩しようとしているグループが主流になっています。もちろん、すべてが悪いはずはありません。症状の消失に重点をおいた技法の集積は大きな成果を提示しています。

さらに西洋医学との連携によって日本の保険制度との連携も整備されつつあり、一部の治療は保険が適用されるという場合も少なくありません。これは治療を受ける側の経済的負担を軽減する上で大きな効果があります。

ただ問題がないわけではありません。特に治療を量で把握して保険適用しなければならない問題から、不必要な治療を増やしてしまう誘惑があったり、保険支払い請求の手続きの問題から資本力がない治療院は蚊帳の外になっています。

これらの問題を解決できれば、さらに鍼灸治療や漢方薬治療の潜在しているメリットを引き出すことが可能だと思われますが、今後の問題として残されているままだというのが現実です。

保険制度の問題、西洋医学との連携の問題などが伝統技術の継承に大きな影を落としているといえそうです。その結果、才能と熱意ある治療師たちが伝統の継承から離れてしまうことも起こっています。

それでも指摘しなければならない事実があります。痛い鍼で良ければ素人に打たせればよいのです。痛い鍼で良ければ鍼の置き方を勉強する必要はありません。

伝統の名人芸を受け継ぐ鍼灸師の鍼は身体に入ったことも感じません。そして症状が軽くなり、体質が変化することで鍼の効果を実感できるものです。

どうなっている?西洋医学との融和を目指している現代中国医学

日本には現在でも漢方医学がよく保存されいます。街角に営業している漢方薬店、見かける鍼灸治療院などを始め、有名大学でも漢方薬を積極的に研究しており、その成果を疾病治療に取り込もうという活動も見られます。

しかし、同時にさまざまな考え方が日本における東洋医学には見出されます。そしてうっかりそれらの治療に関わると自分が期待していたものとはまったく違うものであることにがっかりすることもあるわけです。

現代の中国が本場だと思われる中医学の権威は東洋医学の中でも取り沙汰される力があります。医学系大学は中国との連携を保ちながら研究しているケースが多いことによります。

ですからまず、利用者としては中医学の歴史を簡単に知っておくことが有益でしょう。現代の中医学は中華人民共和国が成立した以降に整理されて再構成されている東洋医学です。

その間、大きな事件が中華人民共和国を襲いました。文化大革命です。文化革命に位置するこの革命は極めて徹底的に伝統的な価値観を排除しました。

親子の心情ですら破壊したといいますから、その激しさを想像するのは簡単でしょう。伝統の技術を伝えていた多くの専門家は身を隠すか、自殺するのでなければ、共産党軍に連行されて拷問や処刑の対象になったと伝えられています。

このときに伝統である中国医学は徹底的に迫害され排除されたといいます。現在でも医学の説明概念に気という言葉が使用できないそうです。

上手く身を隠して生き残った伝統の伝承者はわずかに過ぎません。もっとも、わずかといってもまったくゼロではないので、現代においても中国に出かけて排除され尽くされなかった技術を学ぶ機会は貴重です。

つまり一旦完全に中国では伝統の中国医学が失くなったと考えるべきでしょう。その後、中国医学を再構成するために西洋医学の概念を大幅に取り込んできたと考えられます。

それに対して、中国伝来が日本で発展した中国医学を漢方医学と呼べるでしょう。中国と同様に日本でも西洋医学への対応に苦労した歴史がありますが、日本では完全に排除しようという動きがありませんでした。

しかし、日本の漢方医学でも西洋に対抗しうる枠組みを求めていたことは同じです。そして中国が本場であるという権威に対する畏怖は日本では相当強く、中医学と協力しあうという形態になっています。

その結果、伝統的な漢方医学的な枠組みで治療を行う人は極めて数が少なくなっています。中医学と連携しながら漢方治療をする専門家が多数派を占めているのです。

ただし、現代的に改定された中国医学、つまり中医学がまったく正しいかは意見が分かれて当然でしょう。これは考え方によります。西洋的な用語が私たちにわかりやすいのは大きなメリットです。

また即効性を求める思想に支えられた実験によって効果が確認されようとする試みも大変有益でしょう。また、この試みによって症状が改善されるのは歓迎できます。

しかし、西洋の医学で理論づけできないために棄却されてしまう成果も少なくありません。また症状が消失することと、病気が消失することは同じではありません。麻酔薬を投与すればほぼ確実に症状は感じられなくなりますが、病気は治りませんよね。

そもそも現代中国は物質を主とする考え方が強すぎるのにも問題を感じます。それを人間の生命に当てはめて問題を感じない人はいないでしょう。

人間の身体は単なる物質の集合体ではない、というところから東洋思想は始まっていたはずなのです。物質が集まり、自ら運動を開始して、陰陽を形成し生命の営みを保っているという気の理論を使えないのであれば、それは東洋医学と同じなのでしょうか。

とりあえずここから始めよう!陰経のスタート−肺経で活性化する

今回は東洋医学の知識を応用した実践的なテクニックを紹介しましょう。さまざまな方法がありますが、それらの中でもっとも簡単で手軽なものをご紹介します。

正経12経の中に肺経という経絡があります。もちろん肺蔵を中心にして働く呼吸系の経絡です。病は気からという言い習わしもあるように肺経は経絡全体に関わっています。

具体的な方法は次の通りです。まず緩やかに身体をまっすぐに立てます。身体をまっすぐに立てるというのは、腰骨と両肩の位置がまっすぐになるようにすれば、だいたいできています。

緩やかになるように意識しましょう。緊張している場所がないか、頭から足の裏まで順番にチェックします。緊張していると感じる場所は必ず余分な緊張を強いられています。

数日間繰り返すことで慣れてきて、緊張を解すようにイメージすることで緊張が緩むようになってきます。ここまでが全身に気を巡らせるための準備段階になります。

気になる人もいますが、座っていても、横になっていても構いません。身体がまっすぐに伸びやかになっていれば、当初の目標地点にたどり着いた状態です。

両手の掌を腰の少し上側、おへその真裏の両側に当てます。自分の掌である必要はありませんから、誰かに手伝ってもらっても良いかもしれません。

掌が当たっている部位で、つまり身体側で、掌を感じるように意識を集めます。一種の気功に分類できますが、掌から気のエネルギーが照射されてなどとは言いませんから、安心してください。

掌が当たっている部位に意識を集めて、掌の当たっている圧感や暖かさを感じることが大切なのです。古伝の中国気功の教えるところによれば、意識の集まっている部位に気が集まるのです。

自分の気によって自分のケアをすることが気功の基本になります。生きている限り、自分の中には気があります。そのことは生理学的にも説明されることなのです。

骨折したとき、骨折した部位の造血作用が亢進する現象がありますが、痛みがまったくない場合、造血作用は抑制されてしまいます。通常はたとえ痛み止めを服用していても、ずっとむずむずした感じが残るはずなのです。

このムズムズ感は痛みの小さいものですから、この痛みによって意識が自然と骨折している部位に集まります。その意識に導かれて気が部位に集まり、造血作用が亢進すると考えるのです。

また、ある箇所に力を込めるとそこに血液が集まり、酸素の代謝が増進することがある種の装置によって計測できます。これも同様に考えられます。

意識しなければ、一定の場所に力を作ることができません。つまり意識して、力を入れようとすることで、そこに気が集まり、酸素代謝が増加するのだと考えるわけです。

意識によって、造血作用や酸素代謝が増える働きが誰にも備わっているという考え方が成立しています。原初的な気功はこのような考え方に成り立っているもので、単なる気休めではありません。

そして緩んだ体位(立位、座位、臥位のいずれか)を作り、手を腰に当てたまま、ゆっくり息を吐き出し、そしてゆっくりと息を吸い込みます。

しばらくすると掌の当たっている部位が暖かく感じられるようになるはずです。こうなればしめたもの。身体の巡りの要である水行が活性化しているのです。

この感覚が出てきたら、緩やかに小さい動きが必要です。ちょうどパイプに何かが詰まっている時のように、中の詰まったものを揺り動かすようなふうに身体を揺することが効果的なのです。是非お試しください。

巡りがつけば楽になる!五行で身体の働きが伝達されて循環する

病院に出かけて病気の診断を受けるようになるまえに、何だか調子がおかしいなという状態を経験することが多いと思います。できればこの段階でケアできれば、病院のお世話になる面倒を回避できる場合も多いのではないでしょうか。

人によっては高熱を出したまま職場に出てきて、責任をまっとうするという気概を持っている人もいます。そして最終的に職場から救急車で病院に直行する場合もあるようです。

職務に忠実であるという反面、自分の体調管理が不十分な人だという評価を免れないでしょう。最終的な段階に突入する前にケアできていれば、被害はもっと抑えることができたはずです。

大切なのは出来る限り初期の段階で変調に気づいて、ケアを加える判断ではないでしょうか。そのためには普段から自分の体調を観察している慎重な態度が必要です。

東洋医学の世界では、体調不良として大きく2つに注目しています。ひとつは「だるさ」、もう一つは「痛み」です。どちらも次の段階に進むともはや病気になってしまいます。

でも、どちらの感覚があっても病気だと判断しないでしょうし、だるいからと休んでいると怠け者と評価されません。痛みも我慢できるかできないかで判断しているようです。

この2つに早く気づいていれば、自分で対処できる場合が少なくないでしょう。そのために必要なのは東洋医学的な身体理解と痛みとの関係です。

人間の身体もひとつの装置のように機能を分担して動いています。この機能を分類して、よく知られた「五行」という言葉で表現しています。つまり「木火土金水」というシンボルです。

身体を作っているフレームとして木行があって、陰陽に分かれて、肝と胆としています。これは生命の入れ物である身体そのものを造り、維持するための枠組みです。

そして外部から燃料を取り込んで、内部に貯めこむ機能として土行があります。これも陰陽に分けて腎と胃になっています。これによって外部から燃料を内部に受け渡ししています。

そして肝心のエネルギーを発生させるエンジンの役割を果たす火行があります。火行の陰陽は心と小腸ということになっており、これに関しては西洋医学も似たような発想をしているように思えます。

外界と体内との接触を管理してインターフェースのような機能を果たす金行が意外と重要な機能で、全体の機能を潤滑する働きを担っているのが肺と大腸の陰陽です。

それぞれの機能を循環する巡りをつけているのが水行である陰陽、腎と膀胱という区分なのです。これらはいずれも内臓の意味ではない点に注意が必要です。

さて、これらの概念を使って先ほど挙げた2つの症状を捉えることができます。だるさは巡らせる力が弱っているからだといえます。巡らせる元の力はエンジンである火にあります。

ですから火が弱っている原因を考えてケアします。そもそも疲労が蓄積しているからかも知れません。エネルギー消費に対する供給が間に合っていないことが原因しているかも知れません。

火が弱る原因は人それぞれです。人によってもともと備わっている活動力が異なっているからです。いずれにしても、一旦活動量を十分に減らしてから、少しずつ活動量を増やしていく手順によって改善されるはずです。

もう一つの痛みについては、多分エネルギー不足が問題ではなく、巡りがついていないことが問題になるはずです。どこかが詰まっているのに、そこに頑張って圧力を加えてしまうと痛みとして感じられます。典型的なものが肩こりですね。

じっとしていても改善されません。身体を休める必要がありますが、じっとしているのではなく、揺らすなど、僅かに身体を動かすことが大変効果的です。