食欲不振は身体の状態を悪化させる!改善方法はここにアプローチ

熱もないし病気というほどでもないが、風邪をひいてるみたいに体調がもう一つ。このような状態になった経験はどなたにもあると思います。

ほとんどの場合は、そのような体調を無視して学校や会社に出かけて普段通りの生活を維持されているでしょう。つまり病は気からという言葉を根拠に気持ちを奮い立たせているわけです。

これをこじらせると思いの外、重い症状に悩む時間が長くなってしまうことは、こんな時にはきれいさっぱり忘れてしまっていますよね。風邪は万病の元という言葉も伝わっています。

現代医学では、風邪はアデノウイルスの感染によって引き起こされている。また思い風邪の症状を引き起こすのはインフルエンザウィルスによるのだと解説されていて、なんとなくそれで納得させられてしまっています。

実際、知り合いの鍼灸師でもそのように理解をしているようです。病証の話をしていると話が段々と噛み合わなくなってきたりして、風邪の原因に対する見方が違っていたという結論に至ったりします。

風邪というのは、病気の分類名だと考えるのが現代医学ですが、東洋医学では症状の分類名なのです。ですから風邪のような症状が出ていれば、風邪だと判断していた過去があります。

理論書を開いてみると、病気の分類名だと考えているとトンチンカンな話が書いてあって筆者の理解が神話世界を生きているファンタジーの解説に見えてきたりします。

症状の分類だと考えるとき、ウイルス性ではない風邪が現実の問題を東洋医学が扱っていたのだとわかります。そしてそれは古典が説明するように肝に宿るということになります。

肝が風邪の症状の原因になっているという意味です。機能低下した肝は心を弱らせて脾を打ちます。心は力を全身にみなぎらせる機能を持っているはずですから、元気が失くなってしまいます。

打たれた脾は様々な症状を現します。まず食欲不振が代表的な症状です。具体的に胃の具合が悪くて脂っこいものは敬遠したり、逆に脂っこいものが欲しくなったり。

さらに、脾は直接的に肺を支える仕事が不十分になり、咳をするようになったり、喉が痛くなったりするかもしれません。これは実際の症状として感覚できるはずです。

熱は出ていないけれど、食欲がないとか異常食欲で、喉が痛かったり声が変になっていたりして咳が出る。でも風邪をひくような覚えはない。そのような症状が現れても、原因不明の体調不良ということで片付けてしまいがちでしょう。

このような症状が東洋医学では風邪と呼ばれており、外部環境の影響によって起こされるグループ、外邪に分類されています。元気を奪いながら回復力を低下させるのが風邪です。

十分な休息と手当をしなければ、身体中の症状をめぐって変化させて深刻化していきます。外邪は悪化して身体の調子を崩して自力で回復できない状態、内邪化します。

これらの陰蔵の障害が表面化してくる事態になると肺の陽蔵である大腸が本来の機能を損なってしまいますので、下痢や便秘という症状を明らかにしてきます。

食欲がなくなってきたという初期の段階で症状を捕まえて、対処する心がけが大切ですから、この段階でのケアが効果的です。まずは休養を取ることとそして、少しだけ経絡のケアを付け加えましょう。

ですから、ケアするのは脾経と胃経を中心に扱う方法によります。食事制限と深い呼吸法によってこの2つの経絡に刺激を与えることで内部を揺する方法を取ります。

脾経の原穴は、足の親指の付け根のところにあります。ここを指で当てて深い呼吸を続けます。これによって脾経の気の取り入れを促進できるのです。

日本人特有の問題なの?肩こりを和らげて予防するための方法

「肩こり」に対応する英語はありません。また中国語にもありませんし、その他の外国語に対応する言葉があるという話を聞いたことがありません。

肩がひきつれて痛むという症状は世界各国のどの人種であれ、経験するようで、その症状を表現するのは可能ですが、ひとつの言葉で表せることはまずないでしょう。

肩こりは日本の文化に特有の言葉です。それだけに肩こりの解消を求める方法もあれこれと考えだされていて、それらを試すのも楽しみになるほどです。

頻繁に紹介されている方法としてストレッチを挙げるのが良いでしょうか。肩こりが運動不足を原因としていると考えて、運動すれば良いだろうという発想で組み立てられている方法です。

しかし、しばしば肩こりは熱を伴っている場合があります。これは炎症を起こしているのですから、うっかりストレッチなどをしてしまうと悪化させてしまいます。

このような誤った処置によって生じる後遺症は悪質なものになるケースが多く、その後何年も祟られかねません。深刻な事態にならないとしても、いわゆる関節の可動域が制限されたり指などの末端に障害を増やす原因ともなります。

逆の場合でも問題があります。つまり肩が冷えているときです。手を当ててみて冷たく感じるときに、ストレッチをすることには問題を感じます。ストレッチは筋肉の伸張運動ですから、最悪の場合は筋肉の断裂を招く恐れがあります。

切れた筋肉繊維の修復は、成長ホルモンの分泌量によって回復に必要な時間が決定されます。つまり歳を取れば取るほど、切れた筋肉は修復されにくいのです。

その後、切れたままの筋肉繊維は熱を生じるようになりますから、さらに扱いにくくなってしまうだけの結果になるでしょう。ストレッチは、簡単なようで実は適用判断が難しく、したがって専門家の知識が必要な技法だと考えられます。

それでは近くに営業しているマッサージ店に出向けば、よい結果を得られるでしょうか。これも少し気を付けなければならないと言えそうです。

マッサージに付き物とされる「ゆり戻し」があります。つまりマッサージの術後に痛みが出ることがあるのです。これはマッサージが単純に悪いと言えない面があります。

マッサージは気持ちよさを優先することを、求めに応じて施術する傾向があるからです。特に高齢者にその傾向が見られます。感覚が鈍くなってしまって、マッサージを気持ちよく感じない場合、より強い刺激を求めるのです。これがいけません。

するとメジャーな方法にはそれぞれ問題があって、気軽にケアできないのではないかということになってしまうのですが、それも無理はありません。肩こりは初期症状ではないからなのです。

中国では伝統的に「上気」という状態を設定しています。簡単にいうと、肩こりに至る前段階の症状です。首のまわりがギクシャクする、眼の奥が熱いといった状態を上気と呼んで、その時点でケアをしているようです。

そもそも肩こりになる原因として、東洋医学的に見れば2つの原因が考えられます。めぐりがつかない詰まりができているか、めぐりの力がないということです。

頸を介して頭と胴体とが大きな気の流れでつながっているのですが、流れる気が多量であるだけ問題を生じやすいといえます。だからこそケアが大切だといえそうです。

それでは、東洋医学的に正しく簡単なケアの方法を紹介しておきましょう。脱力状態で動かすために、支えて小さくゆっくり動かすことが基本です。この時、決して激しくしてはいけません。

しばらく続けて痛みが消えたら、めぐりのツボである手首の親指側に指針して深い呼吸で整えましょう。ゆったりした気分になれば、成功です。

むくみはお肌の曲がり角?正体を見つけてに東洋医学で対処する

美容の大敵である「むくみ」。女性の多くが抱える悩みのようでさまざまな方から相談を受けます。しかし、明らかにむくんでいる女性であっても、まったく気になさらない方もいらっしゃって不思議な気もします。

同様に多くの女性を悩ませる便秘。これも悩みに個人差が非常に大きい。人によっては1週間程度の普通なら意に介さずという方もいらっしゃってびっくり。

むくみの具体的な症状には他にも、生理不順も挙げることができるでしょう。しかし、これも歳のせいだからと片付けてしまわれる女性も多いようですが、不順だけではなく、痛みも当たり前だと思っている方の話を聞くと驚いてしまいます。

自然な排泄に痛みは伴いません。これが東洋医学の結論です。ですから痛みが伴う整理には要注意です。身体が痛みによって不調のメッセージを発信しているのです。

早く気づいてお手入れをしてあげることが、むくみに対処する方法です。身体の巡りの不調が、むくみとして表れてきているといえます。それがお肌の荒れ、むくみ、そして便秘、生理不順などの不快な諸症状なのです。

巡りが悪くなっていると言っても、それが原因ではなく、めぐりの悪さそのものが症状なので、話がややこしくなりがちです。めぐりをつけるポンプが悪いのか、どこかが詰まっているのか、ということですね。

ポンプが故障して巡らないのに、パイプをいくら掃除してもめぐりは改善しないでしょうし、パイプが詰まっているのにポンプの力を強くしてしまうと症状は悪化するかも知れません。

そこで考えるべきなのは症状はどうなのかという、観察です。観察が重要な意味を持つのは、専門家による治療のときも同様で、様態の観察が診断の大きなカギになっています。

とは言っても、難しいことではありません。まず、痛みがないのかそれとも、どこかに痛みがあるのかということ。痛みが意味するのは、どこかの詰まり、めぐりが悪くなっているということ。

そうではなく、単にむくんで見えるだけで具体的な症状がなかったり、あるいはダルさを感じるだけといった場合は、全体的なめぐりを付ける力が不足していることを意味します。

めぐりを付ける力が不足する根本的な原因は、燃料不足と燃焼力の不足ということになります。これは食欲があるかという判断で区別します。食欲がなければ、燃料不足の可能性が高い。

ここまで自己診断を実施して、ケアの方針を決定します。痛みがあれば、詰まっている場所のケア。痛みがなく食欲がなければ、燃料補給のケア。食欲はあるというなら燃焼力のケアという具合になります。

排泄力を高めるという言い方には複数の要素を考えなければなりません。少なくとも前述した3つの要素を考えて、場合によってはいくつかのケアを平行して行います。

まず痛みがどこかにある場合、そこに手を当てて軽く小さく揺すりますが、そのときに深い呼吸を忘れずに行うようにします。生理痛の場合は腰の部分に手を当ててください。顔のむくみで痛みが伴う場合は、慎重に揺するようにします。

痛みがなく食欲もない場合は、燃料補給の力を増進するケアを行います。足の親指の付け根にふくらんだ場所がありますが、その先のくぼんだところに指鍼を当てます。

ここには脾経のツボがあり、消化機能を応援する機能があります。消化力がついてくれば食欲が改善されると期待できます。かなり間接的に感じるかもしれませんが、間接的なほど全体に効果が及んで良い結果をもたらします。

そして痛みがなくて食欲はある場合は、巡らせる力が弱っていると判断します。手の親指の付け根、手首のところに指鍼を施します。これで徐々に改善するはずです。

すぐに試したい!簡単な自家治療で毎日の体調を整える習慣をつくる

自分が自分のケアをするのは当たり前だったはずですよね。でも自分の身体のケアになるとどうにも面倒に感じてしまうのですが、私だけでしょうか?

疲れた身体を回復させるホルモンがあります。成長ホルモンと呼ばれています。このホルモンは夜間の就寝中に多く分泌され身体の傷ついた細胞を修復し、身体を回復させる働きがあります。

名前の通り、若い人に多く分泌され歳を取る毎に分泌量が減少します。一説によると14歳くらいでピークを迎え、25歳を過ぎると分泌量が明確に現象を始めるそうです。

歳を取ると疲れが残って、気持ちに身体がついてこないという感じにはこんな根拠があったのです。身体の加齢変化に対して根性論は通用しません。

なので、25歳を過ぎたら考え方と習慣を改めることで、さらに発達することが可能だというと信用してもらえないかもしれませんが、是非この記事を読んで試していただきたいと思うのです。

大切なのは翌日に疲れを残さないということですが、そのためには一日の活動量が自分の回復力を超えないことでしょう。つまり翌日に疲れが残っていたら、前日は活動しすぎたのだという認識を持つ必要があります。

そして、一日の活動量を最大にする工夫、と回復力を最大限にまで活性する生活習慣が役に立つことでしょう。この生活習慣は簡単な技術の習得を前提にしています。

疲れを取るために必要不可欠なものが休息、つまり睡眠です。ですからゆっくり寝てください。でアドバイスを終える専門家もいます。しかし、疲れが過ぎると眠れなくなっているはずです。

疲れを取るためにも眠りたいのに、眠れないほど疲れてしまっているというのは、考えるよりも深刻な事態です。このような経験をしている人は少なくないのではないでしょうか。

このような事態に対処できるようになるために、身につけたい東洋医学の技法があります。それは呼吸です。だれでも意識しなくてもしているはずの呼吸ですが、よく周囲の人を観察していると呼吸が止まっている人が少なくありませんよ。それはともかく…。

その呼吸を意識することで、いろいろな効果が出るようになってきます。ですから意識して行う呼吸を毎日の習慣にしましょう。

まず、ゆったりと大きく息を吐き出すことから意識します。そして息をたっぷりと吸い込んでお腹に溜めるようにします。これだけですが、これにこれから紹介する指鍼などを合わせて用います。

指鍼は指圧ではありません。指をツボに置いて前述した深い呼吸をするだけです。細くて硬い鍼を皮膚の下まで通すばかりが効果を呼び出す方法ではないのが東洋医学の奥深さでしょうか。

例えば、手の親指の付け根から手首の方へなぞって行くと、手首のシワの辺りに柔らかい部分があります。そこにもう一方の手の指を当てて、深い呼吸をします。3分程度試しましょう。

ここには身体の回復力を活性するのに役立つツボがあります。そこに指を置くことで、表面に通じている気が刺激を受け、内部から深い呼吸によって取り込まれた気がめぐりだすはずです。

コツは、置かれている指が温かい、とか冷たいとかをしっかりと感じれるように、意識を働かせる感覚です。一定の部位を感じようとする意識によって、気の流れが変化します。

さらにお灸は市販品のもので十分な効果が得られるはずです。指をおいた場所にお灸を貼り付けて、火を付けます。その箇所が暖かくなってきたら、すかさず外します。その後、指鍼に切り替えます。

これで3つの技術を紹介できました。これらの技術が基本で、さまざまな症状に応用することができますので、練習のつもりで何度か試してみてくださいね。