知らないとコワイ!鍼灸治療と治療師の見分け方を知って極楽気分

東洋医学に分類される漢方薬と鍼灸の2つは決して時代遅れのものではないことに納得いただけたでしょうか。これらは穏やかな効き目と、西洋医学では手の届いていない部分に対して大きく可能性を開くものとして、再度脚光を浴びつつあります。

私たちが漢方薬を使用する場合は、漢方薬を扱っている病院へ出向くか、あるいは最寄りの漢方薬局で相談することになります。漢方薬局は専門家が自前で調合してくれます。

そのような専門薬局では自分の症状と体質に合わせて、調合してもらえるのでそれなりに効果ができるでしょう。ただ薬局ごとに考え方がさまざまであり調剤師の技術に負うところが大きくなります。

料金も様々で、だいたい1ヶ月で数万円程度になるようです。私の経験では2週間分で3万円くらい払った記憶があります。本格的なものになると自分で煮だして飲む形態になりますが、苦くてだめという人もいるかもしれません。

一方の鍼灸もよく似た状況にあるといえます。大病院でも鍼灸治療を取り入れだしている事実もありますが、ほとんどは個人経営による鍼灸治療院を利用することになります。

鍼灸治療師は国家資格です。ですから国家資格を持っている治療師であることを確認するのはひとつの目安になると思います。だだ、それだけが頼りになるとは思えないのは、国家資格が治療師の技術力を約束しているのではないからです。

これらの東洋医学の専門家を見分けるために、私たちができることがあります。それは専門家が私たちの症状についてしっかりと聞いてくれるかということ。経験上、症状についてしっかりと話をしてくれる治療師は腕もあるといえそうだからです。

中には黙って座ればピタリと…治療を始める専門家もいますが、世の中には期待するほど天才の数が多くないようで、あまりよい思い出にはなりませんでした。

ということで鍼灸治療院を選びますが、まだ安心してはいけませんよ。知り合いは適当に治療を受けて、座る度に腰が痛むようになるという苦い経験をしました。時として過度の治療で神経を傷つける事態を招きます。

事前に電話をして、予約受付の際の対応をよく確認します。症状に対して積極的な関心を寄せてくれるか、質問に対してきちんと答えてくれるかがポイントになります。

鍼にも何種類かあります。個人事にそれぞれ鍼を用意する治療院もあり、使い捨ての鍼を使うところもあります。どのような鍼を使うのかを電話の際に確認しましょう。

鍼と灸の使い分けのひとつの目安を知っていると施術を受けている時の参考になるでしょう。一般的にお灸の方が鍼より力が強いと考えられています。ですからお灸で治療して、鍼で調整するという手順になります。

身体が予想外に弱っていて、お灸だと内部に炎症を起こしたり、むしろ症状が重くなる場合もありますが、その場合は鍼を当てる治療が中心になるはずです。体力が戻ってきた時点でお灸を用います。

まず、鍼灸治療で痛い、熱いはないはずです。痛いと訴えてもかまわず治療を続ける鍼灸師を経験したこともありますが、早々に治療を止めさせて退室しました。

お灸は熱くなるまで辛抱してはいけません。火傷によって良い効果があるはずがないのです。温かくなってきたら治療師に報せましょう。昔は腰や肩にお灸の痕を残した年寄りを見かけることがありました。

火傷の残るお灸で治療するのは、お灸が民間治療に過ぎなかった時代の名残りだと思われます。また齢を取ると肌の感覚が鈍くなっていたりしますので、それも大きく影響しているかもしれません。

ここでの知識を活用して、是非専門家の技術をご利用ください。ただ、よく気を付けて治療師を選んでくださいね。

賢く使い分けよう!標治と本治の違いから手当てを使い分けよう

東洋医学ではどのように症状に対処するかを区別して標治と本治との2つに分けて考える伝統があります。このように区別することで治療全体の品質を管理しようという考え方になっています。

それぞれを簡単に説明すると、標治とは表面上に現れている症状をそのまま抑えようとする治療のことです。それに対して本治は、症状を追うのではなく、原因の部分にアプローチしようとすることです。

標治だけでは、頭が痛いから痛み止めを服用する行為とあまり変わりありません。症状が消えても原因は解決していませんから、時間をおいて再び同じ症状か、より酷い症状に悩まされることになるでしょう。

それではと、本治に集中すると今度は症状が改善されるまでに時間が酷くかかってしまいかねません。つまりしばらく効き目を感じないのに、治療だけを継続しなければならないのです。

これもたまったものではありませんよね。専門家に尋ねると、どちらかではなく、どちらも手を入れるとのこと。それを聞いて安心した覚えがあります。

専門知識がなくても、東洋医学に沿った手当の方法をこのブログで紹介していますが、その方法は標治と本治の両方に関わる手法になっています。残念ながら、この方法を漢方医学では案内できない約束になっています。

東洋医学の側面としてあくまでも専門家の治療として成立し研究されてきた歴史があり、特に現代の法律が門外秘であることを要求している事情があります。

つまり自己メンテナンスをどのようにすれば、効果的かを説明することは専門家の治療範囲外のことになります。その結果、整体師でも自分のケアができないという、なんだか変な事態もあるのです。

自己メンテナンスは治療行為ではありません。呼吸の仕方を利用しますが、呼吸自体は誰でもしているからです。手で患部に手当しますが、それは子どもでも可能な行為です。

毎日の食事管理をしますが、食事を考えるのに資格は不要です。専門知識がなくてもご飯を食べますし、消化もします。これらのことはどれも日常生活の上での技能です。だれにでも可能です。

ただし、他人に対して治療行為をしてお金を集めるような不道徳さは恥ずかしい行為だと知っておきましょう。下手をすると違法行為になりかねません。

東洋医学的に正しい自己メンテナンスと私たちが考えることには3つの技法が中心になっています。それが呼吸、運動、食事です。いままでやったことをするのではなく、いままでやってきている行為の品質を変えるのです。

まず、呼吸は深い呼吸をゆっくり、ゆったりとすることです。お腹を両手で抱えるように支えて、ゆっくりと息を出し入れします。お腹で手のひらをしっかりと感じて内臓が寄りかかるようにイメージします。このように呼吸することを息を通すと呼んだりします。

運動は走り回ることでは決してありません。呼吸に合わせて身体が動くこと、動かすことです。生まれたての赤ん坊の様子を思い出してみましょう。赤ん坊の身体は呼吸に合わせて全体が膨らんだり縮んだりしていますよね。それがここでいう運動です。

手を使って身体の各部位の運動を支援します。両手で包み込むように支えてゆっくりと手を動かします。これもできる限り小さな動きを心がけて部位の感覚が戻るのを誘います。

食事は健康のバロメータです。健康で生きる力が強いと食事が進んで排泄も滞りありません。内部に問題が生じると食欲が減退するので、休養のタイミングと考えます。

なにより自分の身体の様子を感じ取る感覚を頼りにしていますので、他人の身体の様子を感じるのが難しいように、これ以上のことは専門家に相談するのが賢明です。

夏バテかも、そう思ったときに手入れしたい東洋医学のこんな方法

夏バテは困りものの代表格に位置する体調不良のひとつかも知れません。それは春先から始まり梅雨にはいる頃から少しずつ、なんだか身体が辛くなり、秋を目の前にして寝込んでしまうことも。

楽しみにしていた夏を当然満喫できないですし、街なかは夏を楽しむ人達であふれるのを眺めて、みんなが集まるいろいろなイベントもキャンセルしなければならないことも。

何よりも毎日の学習や業務に集中することができなくなるのが辛い結果だといえそうです。これが夏バテに悩む私たち共通の思いだと推察します。

夏バテの症状はさまざまに訴えられますが、大体は4つぐらいに分類できそうです。それは冷え性、だるさ、のぼせ、食欲不振となります。

冷え性は夏場に限らず、四季を通して冷えてしまう方もいらっしゃって夏バテとは関係がないように思われますかも知れません。しかし冷え性の正体は夏場に明らかになるという意味で、夏バテのひとつとして考えるのが適当でしょう。

代表的な症状であるだるさは地味に辛い。朝からやる気がでないと訴える若者が増えてきたのと、冷房が辛いと訴える若者が増えてきたのとは無関係ではないはずです。

のぼせというと、顔だけがほてって身体が冷えるというのが主な症状です。つまりこれも冷え性の変化したバリエーションのひとつです。この症状があるということは、肩こりもかなり酷いのではないでしょうか。

のぼせは上下の経脈が上手く通じていないことが原因ですが、夏バテのときに激しく症状を感じるので、身体が夏バテしている症状のひとつに加えました。

そして昔からお馴染みの症状が、食欲不振という状況。夏場はそうめんを専門に食べていたという年配の方も少なくないに違いありません。

そもそも人間は季節の影響を受けて、身体の働きの程度を調整するようにできています。これが東洋医学的な見方の特徴です。寒くなると身体を温めるために身体が備え、暑くなる時は、身体を冷ますように身体が機能を調整します。

四季の移り変わりがはっきりしている日本は、決して身体に優しい風土ではありません。24節季の立夏(5月初旬)はまだ夏というには季節感がずれていると言われますが、この時期から身体は暑くなる準備を始めているのです。

そして暑くなる夏の準備は私たちが気付かない間に身体の内部で進行していきます。余分な熱を溜め込まないように経路を広くしめぐりを良くし、同時に熱の発生を抑えるように調節されます。

残念ながら調整失敗すると、夏バテになってしまいます。症状は既に述べた通りですが、内部ではどのようなことになっているのかを理解することが大切です。

まずは身体で作り出した熱を上手く外に排出できなくなります。これは夏場に限りません。普段から呼吸を意識しているわけではありませんから、排出機能が十全に働いていないと考えるべきです。

そうすると頭に熱がこもってしまいます。この時点でのぼせの予備軍に入隊しているわけです。暑さでぼんやりしてしまうようなら、既に発症しているといえそうです。

それを検知すると熱生産を控える動きを強めます。すると外部の暑さに関わらず冷や汗をかいたり、身体は冷えて冷たくなります。一般的な冷え性ですね。

内部の活動が低下すると、生命力そのものに影響を及ぼして、生命を支える力が減退します。わかりやすく言えば、免疫力の低下を起こして発熱などを伴う感染症を呼びこむ体質になってしまいます。

対処はやはり、日々のケアが大切です。中心課題はめぐりを付けて、消化力のアップを図りましょう。方法は深いゆっくりした呼吸をしながら、手首と足の親指の付け根をケアしてみましょう。

疲れを残さない毎日のために、自分でできる簡単な手当てをマスタ

快眠が休息の基本ですよね。ただこれを難しく感じる人が思っている以上に多くいらっしゃるようで、そのような人にとってはゆっくり眠ること事態が苦行に近くなるともいわれます。

寝付きが悪いのは当たり前。1時間や2時間は布団の中で右を向いたり左を向いたりという方の相談を受けたこともありますし、翌朝に疲れが残るという方が多いようです。

よく眠れないとおっしゃる方々に共通しているのは、いつも活動的なのですが、繊細でストレスの多い日常生活を頑張ってらっしゃるというパターンです。

活動と休息のバランスを考えるとどうしても夜はゆっくりと、できればぐっすりと眠りたい。しかし私たちは学校教育を通じて、休息の大切さや具体的で効果的な方法をほとんど教えられてきませんでした。

ブレーキのない自動車を作ってはならないし、トイレのない家は欠陥品です。活動するためには十分な休息が必要であり、そのためには効果的で実際的な方法が必要なのです。

ここでご紹介するのは東洋医学の知見を簡単な気功法に応用した方法のひとつです。簡単な動作で誰にでもできる内容になっていると思います。是非、快眠できないと悩まれている方にはお試しいただきたいと思います。

部分から全体へ施術することを基本にします。技術的には、このブログの他の場所でも部分的に紹介している基本技術を用いて行います。

ということで部分の施術から行います。足裏の様子を確認してみましょう。足裏の筋肉が固く、薄くなってしまっていませんか。触れた途端に足裏の骨が手に当たってしまうように感じませんか。

足裏は活動する時に身体全体を支える要所です。ここの柔軟性が失われていると接地面のギャップや衝撃をそのまま上部に伝えてしまいます。ここの柔らかさを取り戻しましょう。

足の表裏を両手のひらで包み込むように支えます。そしてできるだけ小さいさくゆっくりと円を描くように手を動かします。足裏の表皮が滑ってさすってしまうのは、動きが大きすぎるからです。

深い呼吸を忘れずに意識を足裏に集めていると、段々と掌の動きに応答するようになって、足裏の表面が動くようになってくるのがわかるはずです。そのまま続けると弾力も戻ってくるはず。

その次に同じ施術を両足首に対して行います。足首は身体の傾きを細かく調整してくれるという重労働をしていますから、それを労うようにケアします。

足裏と同じように両手のひらで包み込んで支えます。しばらく施術していると暖かくなってきますので、それからゆっくりと足首を回すようにして動かしてみます。

疲れ具合がひどければ、ふくらはぎにも同じ処置を施すことで、眠りについてからトイレに行きたくなるという問題も改善するはずです。

足がかなり楽になってきているはずですから、腰のケアをしましょう。足のケアは入浴中に浴槽の中で腰掛けた状態でも可能ですが、腰のケアは布団に横たわって行います。

仰向けに横になった状態で、両膝を立てます。両手は身体を安定させるために両脇に伸ばしておきます。それから両膝を左右に、小さく、ゆっくり揺すります。

これで腰痛の予防にも効果が期待できます。簡単すぎて効果がないという施術ではありません。なぜなら、これはしっかりと東洋医学の基本原理に基づいているからです。

動くことが生命の根本的な力です。動くとは自発的に運動するばかりではなく、環境の変化に対応して動くという概念も含まれていて生命を保つ上で必須の条件になっています。

次に全体のバランスを整えます。目・胸・下腹と順番に両手を当てて、深い呼吸をしながら、手のひらを感じるように意識します。全身がリラックスできれば成功です。